熟女系デリヘルで出会ったのは、犯されたい願望を持つ現役人妻だった

005
数年前のことになるのですが、地元の熟女系デリヘルを利用した時に出会った嬢がすごく印象に残っています。田舎のデリヘルなので、そこまでレベルの高い嬢と出会える確率はわずかばかりしかありません。しかし、リアルな隣の奥さん的な嬢が多かったりするのです。

その印象に残っている嬢は、私が初めてのお客だとして、とても緊張した面持ちでホテルに現れました。第一印象は普通のどこにでもいるような熟女。年齢は40歳だと言ってましたが、お店のプロフィール欄には33歳と表記、風俗のあるあるです。そこを正直に発表する辺りが、純粋かつ初めて風俗で働く証なのでしょう。そんなありきたりな見た目こそ、私的にも駆り立てられる要素、ボディもムッチリしており熟女が醸し出す肉感的なフォルムです。私は、その嬢の雰囲気に興奮してしまい、ついつい心の奥底に秘めている性癖をオープンにしてしまいました。シャワー前に部屋の隅に連れて行き、痴漢プレイを発動したのです。

勃起したチンポを嬢のムチムチした尻の割れ目に擦り付け「奥さん、ムンムンさせてますね」「痴漢されて感じてるんですか」と。すると嬢は息づかいが荒くなり「そんなことないです」「ダメッ」と力なく応えるのみ。私はさらに「周りの男性たちも奥さんの事スケベな目で見てますよ」と続けると嬢は「イヤンッ、そんな」とワントーン声をあげて反応。私は擦り付けるだけでなく胸も揉みし抱き、そしてスカートを捲りあげパンティの中へと手を突っ込んでいきました。ここでさらにワントーン声を上げ「ハァァ~んッ」と嬢、しかし簡単には突っ込まず指先を少しだけという焦らしを入れながらです。

そこから電車を降りた体でソファに座らせて股を開かせると、なんとデッカイ染みがパンティにベットリ、モワモワ湯気が出そうなくらいに股間は熱くなってました。すると突然嬢は「犯してください」と信じられない発言、私も興奮してたので思わずそのまま生でハメ倒してやりました。一回戦の後、ドMで犯されることが大好きと笑顔でしゃべっておりました。初めてで緊張してたけど、私からの痴漢されたことでスイッチが入っちゃったようです。